性別の違いは立場の違い

男性は顧客側の利用者

せっかく利用するからには、相性が良くて自分の好みの女性と出会いたいと思いますよね。
基本になりますが、交際クラブのサイトや口コミなど、拾える情報はたくさんあります。
特にネットの公式サイトであれば、ターゲットにしたい顧客層に好まれるデザインや構成になっていますから、印象が良ければ候補に挙げてよいと思います。
また、他店との差別化を図る為に、そのクラブ独自のサービスや仕組みを売りにしていますから、そうしたところを見比べて、自分のニーズに合ったクラブを探しましょう。
しかし一番気になるのは、やはり料金面ですね。
会員になるためだけでなく、デートの費用などもほぼ男性持ちになりますから、はじめに背伸びしてしまうと続かなくなってしまいます。

女性はお店に登録して指名を待つ

女性が交際クラブを利用するためには、交際クラブに登録する必要があります。
たいていの場合は登録料などはかからずに登録できるようですが、お店が求めている女性場とかけ離れていた場合はお断りされることもあるようです。
女性は男性から指名が来るのを待ちます。
指名を受けるとクラブ側から男性の情報が貰えますので、会ってみるかどうかは、女性側が判断できます。
お願いする場合にのみ、クラブ側がデートのセッティングをしてくれます。
登録するお店の質が悪くない限り、ある程度の判断は女性ができますので、登録する女性も増えているようです。
情報の収集方法は男性とほぼ同じですが、女性を大切にしてくれるクラブに登録したいですね。
普通のネットサイトだけでなく、登録する女性に向けて情報を開示してくれている先は、利用者側に立ってくれているので、安心できる判断材料になります。


この記事をシェアする